地震・台風・大災害による二重ローンリスクに注意


住宅ローンのもう一つの問題
2重ローンのリスクがあります。

大地震があったとき
あるいは

台風で
家が流されてしまった時に

問題になります

専門用語でリコース・ノンリコースというの

があります
ちょっと難しいですね

要はどういうことかというと
リコースの場合

住宅ローンを借り入れてしまうと、
基本的にはどんなことがあっても
返さないといけない

いうやり方です

リコースっていうのは
借りた人の

味方じゃなくて、貸した方から
コースを変えられる

要は住宅で借りたんですけども
これが例えば

大地震でなくなってしまった。全壊して
しまったときも

他の財産から返してください
いうのがリコースローンです。

ノンリコースは
基本的には対象の不動産からの便益で返済する

方法です
いうのがコンセプト

ですから
例えば

債務者が死んだとき

お金返せないですね
そうするとノンリコースの場合は

基本的には不動産を売却して返して
くださいということになる

リコースの場合、
債務者が死んだとき

もちろん不動産でを売って返すというやり方もあります。

生命保険がついている場合が多いです。

リバース60みたいな高齢者向けの
住宅ローンというのは生命保険
ついてない

という場合が多いですけども
若い人向けの住宅ローンは

生命保険金で返すことができる。

高齢者のリバース60には残念ながら
ついていないことになります

ですからどうなるかというと
相続人が代わって

例えば
夫婦

2人で住んでたら

住宅ローンは1人が債務者
リバース60なんですね

その方が亡くなったとき
その配偶者

奥さんが代わって返す必要がある
ということになる

実はこういうときにですね

相続しないと宣言をすることによって
それを避けるということもできますが

その場合は
住宅は取り上げられてしまうということになります

あるいは金融機関の方で

高齢者にリバース60を貸すとき連帯保証人というものになってください

いうふうになる
この場合は

2人で借りている
ということになりますので

夫が死んだときも奥さんがそのまま
お金を返しながらその家に住むという形

一番問題なのは地震で全壊した場合

ノンリコースの場合基本的には住宅は上物の住宅は壊れてしまう

いうときはそこの不動産の売却
まあ土地の値段ですけども
精算してしまう

貸倒リスクは金融機関の方でおいます

一方、リコースの場合は

建て替えたとき
同じ土地の上に新しい家を建てたとき

キャッシュで払える人は少ないですから

また新たにローンを組みます。
もともとの家についてたローン

も残っていますですから
2つの住宅ローンを返さないといけない
いわゆる2重ローン

の問題が出てくるというわけです

を並べてみますと
当然ノンリコースのほうがいい

基本的には日本では難しい
というのはこの地震のリスク
っていうのは日本の場合

極めて高い
ということになりますので

お金を貸す金融機関の方で
リコースしが受けませんという

ところが多いということであります
ですから

選択肢が必ずしもあるというわけでは
ありませんが

こういうリスクがあるというのは十分認識 している必要があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。