85歳女性の8割がおひとり様になる

こんにちは今日はですね、おひとりさまというですね生涯独身

の方という風に想像される方が多いと思いますが

実は皆さんがですね高齢者になることっ

80歳と85歳といったように
長年連れ添った夫婦でもどちらかが

先に亡くなるというパターンのおひとりさまが将来、激増する。

というふうに見ております。そのあたりのお話をしたいと思います。

過去の統計数字でございます。 1986年
30年ほど前と比べますとですね、状況は大変化しています。

2019年の数字ですが、おひとりさまというのは220%、2倍になっています。

将来ですね1人者になる可能性がある夫婦二人

だけの世帯も倍ぐらいになってる。入れて合計しますと6割ぐらいがですね将来

おひとりさまになる。
これにですね

国立社会保障人口問題研究所
の研究レポートでございますが

ここの推計値がございます。
これを見ますと、2040年に

おひとり様の世帯、65歳以上ですね。
おおひとり様の世帯が40%

1986年から見ると3倍以上になる
ということになります。

夫婦だけというのを30.5ですので
7割ぐらいが将来、
おひとりさまになる。

今現在ですね60歳の人を
焦点を当てて将来どうなるかをシミュレーションしてみました。今、現在お一人様っていうのは29.2%

夫婦のみが24,7%。

これが、どうなっていくかです。
5年後65歳2025年です。
おひとりさま、若干増えている。
10年後70歳

15年後75歳

20年後80歳
ここでお一人様がですね40,4%

夫婦のみが31,4%。
合計しますと7割程度が潜在的おひとり様ということでございます。

さらに5年経ちますと
おひとりさまは46.2%いうことでございます。

半分近くがおひとりさま、ということになります。

以上はですね男女共通の数字なんですけど

もこれを
男性と女性分けて見てみましょう。

今現在ですね75歳以上のところで言い
ますが

2020年現在、
おひとり様、担ってる人

死離別、なくなったり離婚したりです。

男性の場合19.7%
女性の場合、60.6%

ということです。75歳現在でも男女で差が出ている。

これがですね将来、平均寿命が伸びますと、なくなっておひとり様になる人が減っていくかということです。

2025年

30年
35年

40年
ということで、減らないしむしろ若干、増えている。

ということでございます。
女性にとってですね、おひとりさま

リスクっていうのは非常にシビアということです。
ちょっと年齢をあげてみますね。
85歳

やりますと、なんと80.8%が
女性の場合はおひとりさまということになります。

将来も平均寿命が伸びますので若干の変動はありますが、

一貫して80%ぐらいがおひとり様
ということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。